人権方針

ESG

CviLuxはレスポンシブル・ビジネス・アライアンス(RBA)のメンバーとして国際連合の世界人権宣言、国際労働条約、国際労働機関の「労働における基本的原則と権利の宣言」など等の国際規範を支持しています。

また、CviLuxはRBAの行動規範に準拠した基準を採用し、従業員の人権を保護するために、各事業拠点の現地の法律および規制を厳格に遵守しています。

  1. 多様性の重視、機会は常に平等であり。
  2. 差別や不当な取扱いの禁止
  3. 児童労働の禁止
  4. 労働時間の適正管理
  5. 健康・安全な職場環境づくり
  6. コミュニケーション

 

CviLuxは従業員マニュアル、労働安全衛生マニュアル、セクハラ防止策などの社内管理ガイドラインを策定し、従業員の権利を保護し、従業員が適切なケアを受けられるようにすることを公に宣言しました。 CviLuxの人権方針は次のように説明されています。

CviLuxは人権方針を支持します。 児童労働の禁止し、 新入社員向けの研修内容は強制労働の禁止やハラスメント防止などに触れています。全員 を対象に防火訓練を年2回実施し、緊急時対応講座と安全衛生訓練を少なくとも年1回実施しています。

従業員パントリーには、従業員が会社に意見を伝えるために使用できる意見ボックスがあります。 労働組合員は、年間四回に開催される労使会議で意見を提出することもできます。